ペット家族 動物病院

ホーム > 診療指針

診療指針
  • CLICK MENU
  • 診療指針
  • 予防医療について
  • 総合健診のご案内
  • 医療機器紹介
  • ホームへ戻る
  • 南アルプス病院
  • 一宮病院
  • 横浜北どうぶつ病院
  • 瑞穂病院
  • 稲城押立病院
  • 杉並宮前病院
  • 成城病院
  • 五反田病院
  • 千葉ニュータウン病院
  • 古河病院
  • 広島LECT病院

主な診療内容のご案内

ペット家族動物病院では、犬、猫を中心に、内科、外科、歯科など、幅広く診療を行っております。二次診療施設とも連携を取りながら、ご家族の多様なニーズにもお答えします。

ご家族へのご説明の際には、分かりやすい言葉で図やグラフを使い、丁寧に時間をかけて行っております。
検査・治療に当たっては、インフォームドコンセントを徹底し、何故この検査が必要なのか、何故この治療が必要なのかをご家族に充分にご理解・ご納得していただいてから行っています。日々の健康管理から専門診療まで、お気軽にご相談ください。

皮膚診療

皮膚の痒み・炎症・脱毛症あるいは外耳炎などの皮膚に関する全ての疾患を診察しています。
丁寧なカウンセリングを行った上で、皮膚症状や病変の分布を十分に観察することにより考えられる疾患を鑑別していきます。その上で、必要な検査を行い、より科学的に診断へアプローチする事を心がけています。

循環器診療

人と同じようにペットにも様々な心疾患や腎疾患が存在します。各疾患の診断基準や治療方針のガイドラインを利用し、診断・治療を行っていきます。
循環器疾患には命にかかわる病気が多く、早期発見が重要となります。日常の生活で注意して観察すべきことなどをご案内しながら診察していきます。

腫瘍診療

近年になり、小動物の死因の第一位は人間と同じ悪性新生物です。初期なら治るものも多いので、気になるしこりをみつけたら早めに診察を受けましょう。また定期的な健康診断を行って早期発見することも大切です。
万が一進行している状態でも、病気の種類や進行度に応じて手術・化学療法・放射線療法・緩和ケアなど適切な治療法を提案します。

エキゾチック診療

ウサギ・ハムスター・鳥・モルモットなどを中心に、飼育方法の相談から最新の治療法のご提案まで行っています。
生態系の中では比較的弱い立場にいるエキゾチックアニマルは、本能的に病気を隠す傾向があります。そのため、ご家族が何かおかしいと気付いた時には病状がかなり進行している可能性があるので、少しでも気になること、疑問に思うことなどあればお気軽にご相談ください。
エキゾチック診療を行っていない病院もありますので、ご来院前に病院情報をご確認ください。

予防医療について
PAGE TOP