ペット家族 動物病院

ホーム > 診療指針 > 予防医療について

診療指針
  • CLICK MENU
  • 診療指針
  • 予防医療について
  • 総合健診のご案内
  • 医療機器紹介
  • ホームへ戻る
  • 南アルプス病院
  • 一宮病院
  • 横浜北どうぶつ病院
  • 瑞穂病院
  • 稲城押立病院
  • 杉並宮前病院
  • 成城病院
  • 五反田病院
  • 千葉ニュータウン病院
  • 古河病院
  • 広島LECT病院

フィラリア予防

大切な家族を犬フィラリア症から守りましょう。

犬フィラリア症とは?

犬フィラリア症は、蚊に刺されることで“犬フィラリア”という寄生虫が感染しておこる寄生虫疾患です。

犬フィラリアは成虫になると長さ15~30cm程度の“そうめん”のような細長い形をしています。

犬の体内で成長した“犬フィラリア”が、最終寄生場所の肺動脈や心臓に住みつき、何年もかけて血管を傷つけていき、心臓や肺、肝臓などに障害を起こします。 重度の寄生の場合、死に至ることもある怖い病気です。

1.

蚊がフィラリアに感染している動物を吸血した時に、蚊の体内へミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)が移行します。

2.

ミクロフィラリアは蚊の体内で脱皮をし、感染幼虫になります。

3.

蚊が動物を吸血する時に、感染幼虫が犬の体内に入ります。

4.

侵入した幼虫は皮下や筋肉内で脱皮しながら発育します。

フィラリアの予防薬は、このタイミングで幼虫を駆除するお薬です。

5.

心臓や肺の血管に寄生して成虫になり、ミクロフィラリアを産出します。

血液の流れが悪くなることにより、心臓や肺などに影響を与え、咳や腹水など様々な症状が現れます。

犬フィラリア症は、月に一度の投薬で予防ができる病気です。
毎年、定期的にお薬を投与してください。
「知らない間に感染していた」ということがないように、しっかり予防してあげましょう。

猫のフィラリア症とは?

犬では良く知られているフィラリア症ですが、実は猫にも感染します。猫のフィラリア症は呼吸困難や突然死を招く恐ろしい病気です。
猫フィラリア症に感染したとしても、無症状で進行し、突然死してしまうことがあるため、発見が難しいとされています。検査や治療方法も確立していません。
感染経路は犬と同じで、蚊を介して幼虫(ミクロフィラリア)が猫の体内に入り込みます。
つまり、犬から猫にもうつる可能性のある病気です。
まだまだ認知度が低い病気ですが、大切なネコちゃんの健康のために、毎年定期的に予防をしてあげることをお勧めします。

予防期間について

フィラリア予防薬は、「フィラリアが犬や猫の体内に入らないようにする予防薬」ではなく、「犬や猫の体内に入ってしまったフィラリアの幼虫が、心臓にたどり着いてフィラリア症を発症しないようにするための幼虫駆除薬」です。
フィラリア予防薬は、蚊のシーズンが終了してから一ヶ月後まで、一ヶ月に一度確実に投薬を続けることが大切です。投薬開始時期は、お住まいの地域によって変わります。獣医師の指示を守りましょう。

当院では、フィラリアの検査と同時に健康診断(血液検査)をお勧めしています。

内部寄生虫予防

定期的な駆除により、寄生を予防することが可能です。

体の中にいる寄生虫を内部寄生虫といい、犬猫では主に腸内(主に消化管)に寄生する虫が問題になります。主な腸内寄生虫には、線虫類の回虫(かいちゅう)・鉤虫(こうちゅう)・鞭虫(べんちゅう)や、条虫類の瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)やマンソン裂頭条虫(まんそんれっとうじょうちゅう)などがいます。

これらの寄生虫に感染すると、嘔吐・下痢といった消化器症状だけでなく、成長障害、貧血なども引き起こしますが、成犬や成猫の場合、ノミなどの外部寄生虫と違って目に見えず症状が出にくいため、感染を見過ごしてしまうこともあります。寄生虫の中には、人に感染して被害を及ぼすものもあります。

狂犬病予防

狂犬病予防法という法律で、年1回のワクチン接種が義務付られています。

狂犬病は人や犬を含め、ほとんどの哺乳類が感染し、致死率ほぼ100%の恐ろしい病気です。
狂犬病の病原体「狂犬病ウイルス」が体の中に入ると、神経、脊髄、脳が侵され、興奮や痙攣、麻痺などの症状がみられて死に至ります。
感染したペットの唾液中に病原体を排出し、興奮して他の動物を噛むことによって噛まれた動物がまた感染してしまいます。非常に強い感染力を持ち、人間にも感染する病気です。

日本国内では1957年以降、犬の発症が確認されていないため、危機感が薄れていますが、2008年にインドでは2万人、中国では2466人が感染するなど、アジアではいまだ猛威をふるっています、
気軽に海外旅行に行くことができ、海外からペットを輸入することが可能になった現在、いつどこから狂犬病が日本に入りこむかは分からない状態です。
年1回のワクチン接種で、しっかり予防してあげましょう。

混合ワクチン

ウイルスによる感染症は治療が難しいため、ワクチンによる予防が効果的です。

ワクチンとは、「病気が発現しない程度に弱らせた病原体、あるいは死滅させた病原体やその一部をわざと体に入れて、病気に対する抵抗力(免疫)をつけるもの」です。
動物用のワクチンは、特効薬がない病気、発症すると重症化したり後遺症が残る病気、感染力がとても強い病気、人にも感染する恐れのある病気に対して作られます。
病原体はおしっこや糞に含まれていたり、空気中をただよって広まっていきます。

何気ない他の犬や猫との交流やお散歩などで、その病気に感染してしまう可能性があります。見えない病原体だからこそ定期的にワクチンを接種し、常に病気を予防しておくことが必要です。

仔犬・仔猫へのワクチン

生まれたてのペットは、病気に対する充分な抵抗力が備わっていません。
代わりに、病気にかからないようにお母さんから免疫物質(抗体)をもらいます。これを、移行抗体といいます。
移行抗体は、生後1.5~2ヶ月を過ぎたあたりから徐々に減っていくため、それと同時に病気に対する抵抗力も弱まってきます。
ワクチンはお母さんからの移行抗体があるときには効果を充分に出す事ができませんが、その抗体がなくなってくると力を発揮してくれます。
ワクチンの種類や回数に関しましては、獣医師にご相談ください。

成犬・成猫へのワクチン

ワクチンによって獲得した免疫の効果は永久ではありません。時間と共に徐々に効果が落ちてきてしまいます。毎年1回の注射で免疫を持続させてあげましょう。

ワクチン接種時の注意点

1.

ワクチンを打つ日は、体調の良い日を選び体の具合が少しでも悪いと感じた日や疲れている日、特別なことをする日は避けてください。

2.

発情中や妊娠中の場合は、獣医師にご相談ください。

3.

ワクチン接種後2~3日後はできるだけ安静にして激しい運動や入浴、シャンプーは避けて下さい。

4.

ワクチン接種後は少しでも様子がいつもと違うと思ったら、すぐに動物病院に連絡してください。

5.

ワクチン接種による副反応(副作用)が生じてしまった場合は、処置が必要になります。そのためにも、ワクチンの接種はできるだけ午前中にご来院ください。

ノミ・ダニ予防

一年を通した予防で安心の毎日を

なぜノミ予防が必要か?

ノミは普段お散歩している公園や草むらに生息しています。また、ノミが繁殖するには気温13℃以上あれば十分なため、寒い冬でも暖房のきいた室内では繁殖と寄生を繰り返すことができます。
ノミは犬の被毛に寄生し、痒み・皮膚病の原因になります。
ノミに刺されると、血液を失うことだけでなく、激しい痒みを伴う「ノミアレルギー性皮膚炎」の症状が出現したり、動物のお腹に寄生する「サナダ虫(瓜実条虫)」やその他の感染症の病原体も伝染します。
また、人にも被害をもたらすケースもありますので、ノミの定期予防は必要です。

なぜマダニ予防が必要か?

ペットにマダニが寄生すると、貧血や皮膚病をはじめ、命にかかわる深刻な感染症(犬バベシア症や猫ヘモプラズマ症など)にかかる可能性があります。
また、人がマダニに咬まれてうつる感染症(重症熱性血小板減少症(SFTS))は、命を落とすこともある危険な病気です。
現時点では、SFTSウイルスに対する予防法も治療法もありません。
このウイルスを運んでくるマダニは日本全国の草むらに生息しており、動物病院で販売しているお薬で駆除することが可能です。
まずはペットを守ることで、ご家族の安全も守りましょう。

不妊手術について

不妊手術を行うことは、獣医学上大きなメリットがあります。

不妊手術については、ペットたちを大切に思うゆえに、人それぞれ考え方も違い個体差もあるため、必ず行った方が良い、行わない方が良いと言い切れることではないと思います。
しかしながら不妊手術を行うことで得られる獣医学的メリットがデメリットよりも大きいと考え、当院では不妊手術の実施を推奨しております。

<病気の予防>

卵巣の病気の予防(卵巣嚢腫、卵巣腫瘍)
子宮の病気の予防(子宮蓄膿症、子宮平滑筋腫)
乳腺の病気の予防(乳腺腫瘍(良性腫瘍、乳がん))
ホルモンに関係する病気の予防(糖尿病の悪化、発情中の免疫力の低下)
皮膚病に関する病気の予防(発情中には皮膚炎が悪化することがあります)

<望まない子犬・仔猫の出産の防止>

出産を望む場合は、しっかり環境を整え準備をしてあげる事が大切です。出産を望まない場合はしっかり予防をしてあげる事が大切です。

<発情に関しての出血やストレスの軽減>

発情中は特にストレスが溜まりやすいと考えられます。
人間により本能をおさえられてしまう事や、いつものように散歩に行きづらくなったりといった、様々なストレスを軽減してあげる事ができます。

不妊手術における獣医学上のデメリット

<子供ができなくなる>

オスの場合は精巣、メスの場合は卵巣と子宮を取り除く手術になりますので、手術をご希望の際は、ご家庭内でよく話し合ってください。

<少し太りやすくなる>

不妊手術のあとは代謝が低下して少し太りやすくなります。
適切なフード・給餌量を獣医師にご相談ください。

<麻酔のリスク>

はじめての麻酔が不妊手術というオーナー様がほとんどかと思われます。
麻酔は予期せぬアクシデントというリスクがあります。

動物医療では全身麻酔をかける機会が多く、高齢や疾患があるなどのリスクがある場合には、特に高い麻酔技術が必要となります。当院では、動物への痛みや有害作用を極力少なくする麻酔方法をとっています。
また、最新の麻酔管理モニターを導入し麻酔中の動物の安全を守れるように最大限の努力をいたします。

PAGE TOP